• 2017.8.1 ブログ
    祝ブログ2周年!一目惚れで即決購入した有料テーマDiverでデザインリニューアルしました
  • 2017.7.21 ベビーグッズ
    まさにチャイルドシートとベビーカーの1台2役でした!Doonaを車のお出かけで使ってみたレビュー[PR]
  • 2017.7.14 ベビーグッズ
    トラベルシステムの革命!足を折り畳むとチャイルドシートになる2in1ベビーカーDoonaが日本初上陸[PR]
  • 2017.6.28 ベビーグッズ
    人気急上昇のベビーチェア「ハガブー」に生後3ヶ月のムチムチ君と生後5ヶ月の小柄ちゃんが座ってみた[PR]
  • 2017.4.28 ベビーグッズ
    自宅で洗濯できるせんべい座布団「ヌード座布団+カバーセット」は買いなのか?徹底比較レビュー[PR]
  • 2017.2.24 妊娠・出産
    2人目出産前の締めに…妊婦服オタクと化した私がおすすめする買ってよかったマタニティウェアまとめ
  • 2017.2.17 ネットショッピング
    楽天ポイントもザクザク貯まる!快適・便利・お得が満載のベルメゾンにハマる。買って良かったオススメ商品7選
  • 2016.11.30 家計・節約
    Zaimで家計簿に挫折しかけた私が、マネーフォワードとEvernoteの両刀使いだと理想的な家計簿構築ができた話
  • 2016.11.17 家計・節約
    楽天ポイントゲッター上位1%、通算88万ポイント獲得した私のポイント運用方法(使い方と貯め方)
  • 2016.5.6 家計・節約
    ポイントサイト嫌いの価値観を変えたハピタス!ネットショッピング好きなら登録必須でした

稼ぐブログを始める近道シリーズ、早くも第六弾となりました。

ブログ記事の投稿は順調に進んでいますか?

まだまだ見てもらえてる実感なくて当然の時期ですが、ある程度記事のストックが貯まって広告掲載の審査が通る状態になれば、広告設置の準備を進めていきましょう。

たとえ数十円でも成果が生まれるととっても嬉しいし、「ブログで本当に稼げるんだぁ〜!」って俄然やる気が出ますよ!

今日はGoogleアドセンス広告を掲載する方法についてまとめてみます。

Googleアドセンスの審査を申し込む方法

前述の通りGoogleアドセンスは審査が厳しく、規定をしっかりと満たすサイトにしか広告掲載を許してもらえません。一次審査、二次審査に通過して、ようやく広告掲載が出来るようになります。

10記事ぐらい書いてからがGoogleアドセンス申請の目安と言われていますが、私は5記事で審査通りました。ボリュームが多い記事だったからかな?

申請方法については以下のサイトなどを参考に申請をしてみてください。

【5分で完了】Google AdSense(アドセンス)申請のやり方

Googleアドセンスの設置方法

無事審査に通ったら、広告を設置するための専用コードをもらえます。そのコードをブログに貼るだけで、記事の内容やユーザーの嗜好にマッチした広告の配信が開始されます!

Simplicityであれば、Simplicity作者のわいひらさんが↓こちらのページにて詳しく書いてくれています。見ての通り、初心者でもとっても簡単です。

Simplicityテーマ内にGoogle AdSense広告を貼り付ける方法

Stinger7は広告の貼り方をわかりやすく説明してくれている動画がありました!

SimplicityであってもStingerであっても、だいたい操作方法は一緒です。

コードを設置すると、しばらくしてからブログ記事の内容や、自分のネットサーフィン履歴によって選ばれた広告が自動的に配信されます。初めて出てくる時は感動しちゃいますよ!笑

でも、くれぐれも自分でクリックしないでくださいね💦(NG行為については後ほど詳しく説明します)

後はもう何もすることはありません。Googleアドセンスは配信する広告を勝手に選んでくれるので、コードを設置するだけでメンテナンスの必要がないというのが最大のメリットです。

Googleアドセンス導入時の注意点

Googleアドセンスはポリシーと呼ばれる規約が本当に厳しいです。規約を守っていないと容赦なく広告配信が止まるので、広告設置前に必ず理解しておく必要があります。

以下のようなサイトに必ず目を通しておいてください。

アドセンスNG集-絶対に覚えておきたい規約違反事項一覧

Google AdSenseの違反事項を全部一覧にしました

上記サイト内に含まれている内容になるんですが、よくやってしまいがちなNG例をピックアップします。

自分でクリックするのはもちろん、クリックをお願いするのもダメ

広告が配信されるとつい自分でクリックしたくなるのですが、確認のためであっても絶対にクリックしてはダメですよ。

また、「よかったらクリックお願いします」的なクリックを促すような文句を書いたりするのももちろんダメです。たとえそれがGoogleアドセンス広告のことを指してなかったとしても、誤解される可能性があるというだけでNGなので、アドセンス広告の近くにそのような文言を書いてはいけません。

ただ「クリックするつもりなかったのに、間違えてクリックしちゃった!」ってことはあると思います。でも、1クリックぐらいなら特に申請しなくてもオーケーみたいです。私も以前、スマホで意図せず誤タップしてしまったことがあってとても焦ったのですが、しばらくすると成果レポートから消えてました…

設置できる広告は1ページにつき3つまで

アドセンス広告は1ページにつき3つしか掲載してはいけないというルールがあります。

4つ以上配信できるように許可された人もいるのですが、Google様に認められないと設置することはできません…

 追記:こちらのルールは撤廃され、誰でも4つ以上配置して大丈夫になりました。

広告設置枠の上に「スポンサーリンク」または「広告」と書く

記事の中など、広告であることがわかりにくいところに位置にアドセンス広告を貼る場合、「スポンサーリンク」または「広告」と書く必要があります

「スポンサードリンク」や「AD」などでもいいという話もあったようなんですが、今は「スポンサーリンク」または「広告」しかダメです。

「広告とは知らず、記事の内容の一部だと思ってクリックしてしまった!」というのを防ぐ目的なので、明らかに広告とわかる記事の場外などであれば書く必要はありません。どこからどこまでと言われるとグレーなんですけど…

というわけで、迷ったら書いておくのが無難です。

追尾エリアに設置してはダメ

ページをスクロールしても固定表示されるようなスペースに、アドセンス広告を置くことはできません。

Googleアドセンス広告に限った話なので、それ以外の広告ならOK。私は楽天アフィリエイト広告などを置いています。

スマホで見た時に、広告が2つ同時に見えるような位置には貼っちゃダメ

画面内に2つ同時に表示されるような位置にアドセンス広告を並べるのはNGです。パソコンでは並べてもOKなんですが、スマホ内では散らしましょう。

アダルト、タバコ、お酒の話などはダメ

ざっくり言うと、子供に見せたくないコンテンツはNGといった具合のようです。

特にGoogleアドセンスはアダルト関係に大変厳しいと有名です。たとえ真面目な夫婦の話であっても、夜の話の書き方には注意しましょう。

ビールやタバコの話もダメなんですが、なぜかワインなど一部のお酒はOKです。このあたりは品の問題なんでしょうか?!😅

報酬を提供するサイトへの紹介があるとダメ

これは様々なケースがあるので一言では説明がしにくいのですが、ざっくり言うと「このバナーをクリックして○○すると、○○がもらえます」的なコンテンツはNGなんです。これがかなりわかりにくいポリシーでして、最もウッカリやってしまいがちな内容です。

私はこのようなサービスの紹介をすることは悪いこととは思わないので、実はこのpoteko.net内にもそのような内容は書いています。該当ページのみアドセンス非表示にしたら良いみたいなので。

この管理方法で今までアドセンスが停止したことはないのですが、「これ大丈夫なのかなぁ」とちょっと不安になってる記事が多いのも事実。オトク系、稼ぐ系の記事は該当しやすいですからねぇ。この記事自体、もしかしてダメなのかも…

【追記】少なくともこの記事はやっぱりアウトじゃないかと思うので、この記事も含めブログで稼ぐシリーズのアドセンス非表示にしました。ええ、シリーズ全ての記事から削除です。あれこれ考えるのが面倒なので…

でももし面倒なこと言われたら、私はサイトまるごとアドセンスやめる覚悟でいます。だってオトクな情報こそ教えてあげたいもん。

Googleアドセンスの収益を上げるコツ

アクセスが増えれば増えるほど確実に稼げます

Googleアドセンスの収益を上げていくには、とにもかくにもPV(ページビュー)を上げることがコツであり、収益はアクセス数に比例すると言われています。

Googleアドセンスは、ブロガーが配信する広告を選べません。全てはGoogleのさじ加減なのですから、コンテンツの上手い下手は広告のクリック率にほぼ影響しないと思って良いでしょう。

でもアクセスが集まる記事が書けないと稼げません。そう言う意味ではコンテンツが上手くないと稼げない…😅

アクセスが集まる=需要がある記事をいかに書けるかがコツです。

トレンドアフィリエイトと言って、検索がドーンと集まるキーワードをひたすら狙って書きおこすタイプのブログを最近よく見かけます。たとえば芸能人の不倫スクープ的情報や、話題のスポット、テレビで放送された内容など。

トレンド「アフィリエイト」となってますが、ほとんどのサイトがGoogleアドセンスで稼いでいます。検索が集まるであろうホットキーワードを見つけたら、いかに早く記事を書けるかで収益が大きく変わるそうです。

そういったブログ見かけたこと…ありますよね?

専門ブログになるほど効率的に稼げる

コンテンツのテーマが絞られたブログほど、どんな広告が閲覧ユーザーとマッチするのかGoogleが判断しやすいので、広告のクリック率が高まり、収益が上がりやすいです。

特にキャッシングなど金融関係やお悩み系のバナーは1クリックあたりの単価がとても高いです。私が運営しているブログの内容だと高いもので数百円程度ですが、これらは千円以上のものも多いという噂。

クリックされるだけで数千円ってすごいですよね。

アドセンスを稼ぎ頭にするなら何も考えないのが得策

Googleアドセンスで稼ぐテクニック的な情報はあふれています。でもアドセンスを稼ぎ頭にしているうちは、何も考えないのが得策だと私は思うのです。

だって何も考えなくても、Google様が良い広告を選んで配信してくれるというのが最大のメリットだから。

せっかく広告選びからメンテナンスまで一切しなくても良い広告なのだから、そんなテクニックに執着するより、良い記事の執筆に集中すべきと思うのです。少なくとも初心者のうちは、書いて書いて書きまくることが何より大事ですよ。

雑記ブログだと効率は悪くなるけれど、Googleアドセンスで稼げない訳ではありません。ごく普通のブログを毎日書いているだけで月10万円以上稼いでいる人はたくさんいます。

というか、雑記ブログこそ記事によって違う広告が勝手に選ばれて出てくるというのはありがたい。ゆくゆく稼げるジャンルが掴めて来たら、そのカテゴリを強化してみてください。

それから広告を貼る位置や大きさの検証は大事です。運営しながら比較検証してみることは大事。どこに貼るのがベストかは、ブログとの相性や好みがあるので一概には言えません。私も模索中です。

効率よく稼ぎたいなら断然アフィリエイトです

現在、私のブログ収益の内訳として、実はアドセンスは1割もありません。

専門ブログこそ、自分がオススメ出来るアフィリエイト広告を選んで紹介した方が断然稼げる!というのが私の意見。アフィリエイト広告は紹介した商品やサービスが売れたら数千円は当たり前、さらには数万円の報酬がもらえるなんてこともザラなので。

はじめはアドセンスが半分以上占めてたんですけどね、ブログ運営をすればするほどアドセンスで稼ぐの私向いてないわ!って思うようになりました。

アドセンス広告は全自動なだけに、自分で広告をコントロールできないのがもどかしい。元々アフィリエイトが性格的に向いているんです。量より質を磨き上げる方が得意だし、自分の話で買ってもらえると、断然やり甲斐も生まれるので。

だから私は前述の通りアドセンスはなくなっても良い覚悟でサイト作成をしています。

アフィリエイトなら私のような弱小ブログでも、月数万は簡単にたたき出せる数字ですよ。

という訳で、次回はアフィリエイトの始め方についての話です。

稼ぐブログを始める近道シリーズ もくじ

  1. 子育て中の専業主婦でもブログで簡単に稼げる仕組みを説明しよう
  2. 稼ぐためのブログを開設するなら、初心者こそWordPressをオススメします
  3. 【簡単3ステップ】独自ドメインを取得しWordPressでブログを開設する方法
  4. WordPressインストール後に最低限必要な初期設定とプラグイン
  5. 経験こそブログネタの全て!過去の自分に向けて欲しかった情報を書いてみよう
  6. いよいよブログ収益化開始!Googleアドセンス広告の始め方 ←イマココ
  7. 短期間で稼げるようになるアフィリエイトの始め方
ハッシュタグ
ブログの最新記事
  • 子育て中の専業主婦がブログ開設したら2年後こうなった
  • 祝ブログ2周年!一目惚れで即決購入した有料テーマDiverでデザインリニューアルしました
  • 【レビュー依頼につきまして】当ブログにおける製品やサービスのPR記事ポリシーを決めました
  • 2016年度ブログ運営レポート!今年一年を振り返って、締めに色々ぶっちゃけます
  • 1歳半のムスメと、妊婦のワタシ。My在宅ワーク「おひるねブロガー」の限界が来た…か?
  • ブログを始めて約1年で収益は月15万円を突破!子育てしながら在宅ワークって最高に幸せな生活です
  • 短期間で稼げるようになるアフィリエイトの始め方
  • いよいよブログ収益化開始!Googleアドセンス広告の始め方
こんな記事も書いてます