WordPressインストール後に最低限必要な初期設定とプラグイン

WordPressの設定はやり出すとキリがないし、「これはやっておくべき」の基準は本当に人によってさまざま。見れば見るほど何をやっていいのか混乱して、もういいやと挫折してしまった…なんてことになったら本当にもったいない!!!ですよ。

しつこいですが、まずはいち早く記事を書いていくことが何より重要だと思うんです。アクセスは急には増えないし、成果が出ないとやる気でなくて当然です。

WordPressっていちいち用語から難しいんですが、ブログを書きはじめるまでにわかっていなければならないことって、ごく一部だったりします。

私が「WordPressをインストール後、最低限これだけやっておけば、しばらくブログ記事執筆に集中していいんじゃない?」と思う設定に絞ってお伝えします。

スポンサーリンク

テーマをインストールする

ブログのデザインができていないと完成図がイメージしにくいと思うので、まずはじめに好みのテーマ(デザインテンプレート)をインストールしてしまうことをオススメします。

有料・無料問わず配布されているテーマはたくさんありますが、はじめは迷わずSimplicityStingerがオススメ。なぜこの2つをオススメするのかというと、どちらも日本語テーマでわかりやすく、無料なのにブログに必要な機能が一通り揃っていて、集客するための対策も既に整っていて、多くのブロガーに愛されているテーマだからです。カスタマイズも容易なので、のちのち自分仕様にいじっていきたくなったときも触りやすいです。

この2つの違いがよくわからないうちは、好みで選んでしまって大丈夫。どちらを選んでも大きく失敗することはないですし、デザインはいくらでも後から変えられます。ちなみに当ブログはSimplicityのカスタマイズ版です。

どちらもWordPressの管理画面⇒外観⇒テーマ⇒新規追加の画面から検索しても出てこないテーマです。オフィシャルホームページからダウンロードしてインストールするやり方になるので注意してください。

Simplicityをインストールする方法

上記のページの内容に沿って設定をすれば全て完了します!文中に出て来ますが、必ず子テーマもインストールして使って下さいね。ゆくゆくカスタマイズしていく時に、子テーマを使っていないと面倒なことになります。

それからGoogleアナリティクス(アクセス解析ツール)と、Google Search Console(サイト管理者ツール。少し前までウェブマスターツールと呼ばれていました)も、言われるままにIDを取得してブログに設定してしまってください。今はそれぞれ何が何だか全くわからなくても大丈夫、でもいち早くブログに設定しておくことが大事なものなんです。いつか設定しておいて良かったと思う日が来ます…😂

Simplicityは公式サイトにフォーラムもあり、サポート情報がたくさんあるので、とても初心者に優しいです。難点といえば、Simplicityを使っているブログをそれはそれはたくさん見かけるので、手を加えないとデザインがかぶりまくることぐらい💦

また、Simplicityはユーザーがとても多いので、カスタマイズの仕方は検索すればいくらでも出てきますよ!余裕ができたらチャレンジしてみてください。

アナリティクスの参考サイト

サーチコンソール(旧ウェブマスターツール)の参考サイト

Stingerをインストールする方法

最新版のStinger7をダウンロードします。

インストール方法については公式マニュアルもあるんですが、正直Stinger7を使っている↓こちらのサイトのほうが子テーマのインストール方法も説明されていてわかりやすいです。Stingerであれ、必ず子テーマを使う方が後々救われますよ。

Googleアナリティクスの設定Googleサーチコンソールの設定も一緒にやっておきましょう。

Stingerはバージョンアップごとにどんどんデザインがオシャレになっていて、カスタマイズなしでも十分カッコいいのでオススメです。

こちらも「Stinger7 カスタマイズ」などのキーワードで検索すると、やり方を教えてくれているブログにたくさん出会えるので、余裕が出て来たらカスタマイズに挑戦してみてください!

WordPressの基本的な初期設定を行う

WordPress初期設定については、↓バズ部さんのサイトに超詳しく書かれています。

でもこれを全て理解しながら読んでいくのは、初心者にはちょっとシンドイと思うので、この中で最低限やるべきことを抜き出して書いてみます。

WordPressの管理画面にログインした状態で、以下を見てください。

設定 ⇒ 一般設定

ippan

一番上のサイトのタイトルとキャッチフレーズは、サイトに反映される部分なので必ず変更が必要です。Google検索結果でも表示される重要な設定になります。

それ以外は基本的に触っておく部分はありません。

アドレス(URL)の部分は、知識なく触ると最悪ログインできなくなります!!意味を理解した上で、必要な場合のみ触ってください。

完了したら一番下の「変更を保存」ボタンを押します。

設定 ⇒ 投稿設定

一番上の「整形」の部分だけどちらもチェックを外しておくことをオススメします。(理由が知りたい場合はバズ部さんのサイト等で確認してください)

それ以下は何も触らなくてOK。

メールでの投稿はオススメしませんし、PINGの設定もあまり意味ないと私は思っています。バズ部さんも以下のように言ってます。

更新情報サービスとは、記事の更新情報を自動的にブログランキングサイトなどに通知する機能だ(= PING送信)。これにより、それらのサイトの新着記事一覧などに掲載されるようになる。

結論から言うと、バズ部ではPING送信は不要だと考えている。

理由は3つある。第一の理由は、設定してもしなくても、さほどサイトのインデックススピードやランキングに変化はなかったからだ。第二の理由は、日本のブログランキングサイトなどのブログを見ていると、明らかに質の低いものが多いからだ。第三の理由は、PINGサーバーは、突然サービスが停止するものも多いので、いちいちチェックするのも面倒だからだ。

PING送信で工夫しようとするよりも、良質なコンテンツを作り続ける方が遥かに重要だ。

これを読んでもWebに精通していないとよくわからないと思うんですが、それで大丈夫です。知らないままずっとブログ運営してもいいレベルの話。今は記事の中身が1番のサイト評価に繋がっています。

サイトの評価が上がるとGoogle検索で上位表示されやすくなり、アクセスアップが見込めます。G様=Google様は真面目誠実な人が好きです。悪いサイトと判断されると、サイト全体の検索順位を大きく下げます。悪巧みな行動をすると、今は良かったとしてもいつか地獄を見るでしょう💀💧

設定 ⇒ ディスカッション

主にコメント等の設定画面です。コメントを受け付けない設定にする場合、「新しい投稿へのコメントを許可する」のチェックを外します。

あくまでこれは「新しい投稿への」コメントを許可するかどうか = デフォルト値をどちらにするか設定をする部分なので、既に公開している記事があるなら、その記事のコメント欄が閉じる訳ではありません。WordPressは記事ごとに個別でコメントを 許可する or 許可しない を設定します。(一括であとから変更も可能)

コメントを受け付けないモードでいくなら、それ以下の設定は無視してOK。

私は初めこそコメントを受け付けない設定にしておくことをオススメします。独自ドメインのブログは無料ブログと違ってコメントのハードルが高いので(メールアドレスが必須項目なのがデフォルト)、コメント自体つきにくいです。それにスパムコメントや、返答しづらいコメントとかつくと面倒なので…。そんなことで時間を消耗するより、記事を書くことに集中すべきだと思うからです。

問い合わせフォームなど連絡がつく窓口を設置しておけば、何かあっても読者に迷惑をかけることはないです。気軽な交流はTwitterなどのSNSを使っているブロガーさんが多いですよ!

設定 ⇒ メディア設定

記事内に入れる画像サイズなどを設定をする箇所です。今はなんとなく理解しておくだけで大丈夫。

実際に記事を書いてみないと意味が分かりづらい部分だと思うので、記事を書く時にあれ?と思ったら触ってみてください。

これもバズ部さんの記事に詳しく書かれています。

設定 ⇒ パーマリンク

これは重要!

以下のページを熟読の上、設定をお願いします。

設定自体は超簡単です。ブログの記事の番地を決める物(=後から変更しづらい物)になるので、一番初めにやっておかないと後悔しますよ!

最低限必要なプラグインをインストールする

プラグインとは拡張機能のことです。プラグインを導入することによって、便利な機能を実装することができます。人によって考えが様々ですが、私の考えで初めに最低限入れておくべきものに限定して以下にまとめていきます。

※まず初めに、プラグインのインストール方法について知っておいてください

私がオススメする厳選プラグイン8選

Google XML Sitemaps

簡単に言うと検索対策です。見えない部分ですが、必ず設定しておいたほうが有利ですよ。詳しくは以下のサイトにて…

All in One SEO Packっていう有名なプラグインがあって、導入必須と言っている人が多いんですが、私はサイトマップさえちゃんと送っていれば、SEOプラグインは特に不要だと思っています。このサイトでも使っていませんが、いくつかのキーワードで検索結果1ページ目を獲得できてます。

※SEO対策とは?

検索で上位表示されるように工夫することを「SEO対策」と言います。この10年ほどでSEO対策と呼ばれるものは様々な変幻を遂げましたが、今は小手先のテクニックよりも中身が重視され、純粋にコンテンツが良ければ勝てるようになってきています。

Googleなどの検索エンジンは、検索を利用するユーザーに喜ばれるサイトを上位表示できるように日々進化しています。真面目にコツコツとオリジナル記事の作成に取り組んでいたら、必ず報われます。

SEOの知識については、最低限以下のサイト等に目を通しておくと良いです。

EWWW Image Optimizer

iPhoneなどで撮影した写真には位置情報がついているのを知っていますか?自宅で撮影した写真を普通にブログへ掲載してしまったら、どこに住んでいるのか住所もバレバレです。

このプラグインを導入していると、画像の圧縮(軽量化)をしてくれるだけでなく、位置情報など写真についている無駄な情報を消してくれるので、ブログに自分で撮影した写真を掲載する可能性がある場合は、必ずインストールしておきましょう。

Akismet

スパムコメントから守ってくれる超有名なプラグイン。コメントを受け付けない設定にしているなら不要ですが…

Broken Link Checker

リンク切れ(自分が記事内で張ったリンク先のURLが削除されていて繋がらなくなった状態)を教えてくれる便利なプラグインです。あると後々救われるので、初めから入れておくことをオススメ。

Simple Login Lockdown

こちらもセキュリティ対策です。入れるだけなので、念のため入れておくことをオススメ。

Table of Contents Plus

記事のもくじを自動的につけてくれるプラグインです。もくじがあると読者が読みやすくなるだけでなく、SEO対策にもなります。

記事を書いていないとイメージしにくいと思うので、とりあえずインストールをしておいて、細かい部分はあとから設定すればOK。

TinyMCE Advanced

記事を書く投稿画面の拡張機能です。これがあると記事を書きやすくなります。

Contact Form 7

読者の方が管理者へ何か伝えたいことがあった時に連絡がつくよう、お問い合わせフォームはできるだけ早い段階から設置しておくべきです。

メールアドレスを掲載してもいいんですが、迷惑メールが来るようになったり悪用されたら困りますよね。このプラグインを使うと簡単に設置できるので、フォームを設置してしまうことをオススメします。

その他、プラグイン選びの参考サイト

以上の8つのプラグインを導入しておけば十分というのが私の意見ですが、いろいろな見解があるので、以下のサイトなども参考にしてください。

プラグインの入れすぎには注意!

プラグインは便利だからといって、入れすぎるとプラグインどうしの干渉がおこったり、サイトが重くなる原因にもなるので良くないです。むやみやたらに入れるのはやめておきましょう。

おつかれさまです。ブログを書く準備が整いました!

おめでとうございます!これでブログを書く準備は完了です!!

GoogleアドセンスやASPも、記事をいくつか書いてからでないと申し込めないので、次はいち早く記事作成に着手してみましょう。

え?何を書いていいのかわからない…?!

次回はブログ記事を書くコツや、ブログネタについて書いてみようと思います。

稼ぐブログを始める近道シリーズ もくじ

  1. 子育て中の専業主婦でもブログで簡単に稼げる仕組みを説明しよう
  2. 稼ぐためのブログを開設するなら、初心者こそWordPressをオススメします
  3. 【簡単3ステップ】独自ドメインを取得しWordPressでブログを開設する方法
  4. WordPressインストール後に最低限必要な初期設定とプラグイン ←イマココ
  5. 経験こそブログネタの全て!過去の自分に向けて欲しかった情報を書いてみよう
  6. いよいよブログ収益化開始!Googleアドセンス広告の始め方
  7. 短期間で稼げるようになるアフィリエイトの始め方