本館おひるねブログで2016年に執筆した記事の加筆修正版です

連載している稼ぐブログを始める近道シリーズ、第5弾!

ブログを無事に開設したはいいけれど、何を書いていいのかわからない!なんて話をよく聞くのですが、あなたのブログなので何を言っても自由です。全くもって構える必要はありませんよ!

今回は良いブログ記事を書いて、いち早く収益を上げるためのヒントをお話していきます。

スポンサーリンク

WordPressで記事を投稿する方法

WordPressの投稿画面はある程度直感的に使えますが、初めての方は以下のような動画が参考になると思います!

Cocoonをお使いの方は公式サイトのマニュアルが充実しているので、もっと詳しい内容を知りたい場合はまず確認してみてください。

検索してもわからない内容は、フォーラム(掲示板)で聞くのが良いと思います。そういったサポートが充実しているのもCocoonをおすすめした理由です。

アイキャッチ画像の作り方と、無料で使えるフリー素材の探し方

記事を作成するには、文字だけでなくアイキャッチと呼ばれる記事のサムネイル画像も作るのが当たり前になってます。

ぽてこ
私がブログを始めたことはイメージ写真を使うだけの人がほとんどだったのに、文字入れまでするのが普通になってきていて憂鬱な今日この頃…

私は最近canvaでほとんどの画像使ってます。もちろん無料プラン。Photoshopより使いやすい部分が多いので、めっきりPhotoshop使わなくなりました。すごい時代になりましたね…

このブログの(文字入れしている)アイキャッチ画像はすべてcanvaで作っています。

canvaの中にある素材だけでなく、無料でブログに掲載してもいい写真やイラストのフリー素材はたくさん存在しますので、必ずその中から選んで使いましょう。

すべて無料!フリーの画像&写真素材サイト19選【商用利用可能】
※この記事は、2016年8月22日に公開された記事を再編集したものです。 ブログ記事やWebサイト、プレゼン資料の作成で印象を大きく変えるのが写真や画像です。 しかし、無料で探すとなるとなかなか自分の

写真に限らず、著作権については必ず勉強しておくこと。

【ブロガー必見!】ブログを書くときの著作権と引用ルールまとめ! - 経営ハッカー | 「経営 × テクノロジー」の最先端を切り拓くメディア
「ウェブのあちこちに分散している情報をまとめる」 「記事の内容がイメージとして伝わる画像を載せる」 こうしたアプローチは、読んでもらえる記事を書くための有効な手段のひとつです。 しかしながら、このような方法を利用するときの「著作権の扱い」に自信はありますか? ルール破りの無断転載や、規約を無視した画像の利用で「目立つ記事」を作り、いっときの注目を集めても、長い目で見ればビジネスのプラスにはなりません。 (PVを稼ぐことだけが目的で、誰にどのような印象を持たれても構わない、という場合は別かもしれません) ここでは、他者の文章や画像を使わせてもらう時に注意しておきたいポイントをまとめました。ブログ&

こういった内容は、検索すればいくらでも教えてくれるサイトに出会えますよ!(雑なまとめ方でスミマセン💦)

スポンサーリンク

自分がネットでたくさん調べたことこそ格好のネタ!

今の時代、何か困ったことや疑問が浮かべばネットで検索するのが当たり前!

  • 最近ネットで検索した調べ物は何でしたか?
  • どんなキーワードで探しましたか?
  • そこで知ったことを元に、何か行動を起こしましたか?
  • それを実際にやってみて、どんな結果が出ましたか?

その内容こそが、他の人にとっても需要のあるネタになりうることです。

中でもなかなか答えが見つからずに、検索しまくったことがあればぜひ書いてみてください。その際、自分が検索窓に打ち込んだキーワードも意識してくださいね(記事のタイトルや見出しに入れると検索にかかりやすくなります)

「こんなことが知りたいのに、なかなか欲しい情報にたどり着けなかった」ということは、ライバルが少ないということなので格好のネタと言えるでしょう。うまくいけば早いうちからアクセスが見込めます。

人生の節目に体験したこと

人生の節目と言われるイベントは、お金もかかり、悩みが多く発生することばかりですから、ネタの宝庫です。

具体的には大学受験、就職、転職、結婚、妊娠、出産、離婚あたり。

これらのキーワードで浮かぶことはありませんか?

成功談ももちろんなのですが、読み手は具体的な失敗談も知りたいと思うので、可能なら積極的に話すべきです。

長年悩んでいたコンプレックスが解決した話

人には言いづらいお悩み系のネタは、間違いなく需要があります。

具体的にはダイエット・コスメなどの美容ネタや、健康ネタです。これらは広告単価も高いので間違いなく稼げます(断言!)。体験談があるなら絶対ネタにするべき!!

今ダイエットに挑んでいるなら、体験中の話もリアリティがあっていいですよね。結果を晒すことで自分への励みにもなるし一石二鳥。

大きく落ち込んだ、つらかった、苦労した体験談

思い出したくないことまでわざわざ思い出して書く必要ないのですが、同じことで悩んでいる誰かのために、思い切ってさらけ出してみませんか?

ひどい目に遭った話は、実際同じ立場になった人なら誰もが知りたいことです。

自分と同じような経験をする人をつくらない!という意味でも大変有益な情報になるでしょう。

後悔していること

ああすれば良かった…

こうすれば良かった…

後悔のない人生なんてないですよねぇ。あの時、ああすれば良かったと後悔していて、誰かに伝えたくて仕方がないってことないですか?

それはきっと誰かの役に立つ情報です。ぜひとも教えてあげましょう。

驚いたこと

思わず誰かに言いたくなってしまうような、びっくりネタもブログにはぴったり!

大ウケを狙わなくても、自分基準で大丈夫です。自分がびっくりしたことは、他の誰かもびっくりして共感してくれるはず。ご当地ネタなんかもいいですね😄

誰かによく聞かれること

誰かによく聞かれる=他の人も知りたい話である可能性が高いです。

なんで○○を選んだの?とか、なんでよく○○をしているの?とか、○○をしていると大変じゃない?どうやって○○やってるの?とか、よく誰かに聞かれることないですか?

私が今書いているブログの始め方記事も、友達によく聞かれることから書き始めました。

↓先日Instagramでも詳しく書きました

大好きでたまらないモノや趣味の話

もう、これはニッチでオタクな話ほどいいです。マツコの知らない世界に出てくる人のような、何かを突き詰めている人はまさにブロガー向き!!

そこまででなくとも、好きなことの話なら書けますよね?何でもいいので、それをとことん、これ以上書くことないってぐらいまで愛を込めて書いてみましょう。

間違いなく同じ趣味嗜好の人から深く愛されるブログになります。

仕事の話

お仕事=その道のプロ。プロ目線だからこそ書けることってありますよね?

  • プロが教える○○の選び方
  • 簡単に○○をする裏技
  • 実は○○な話

など。

専門性が高くなり、一般の人はなかなか書けないことが多いので、以前やっていた仕事の話でも格好のネタになること間違いなしですよ。

※当たり前ですが、守秘義務に抵触しない範囲でお願いします…

高価な買い物の商品レビュー

高価な物ほど口コミや評判をじっくり調べてから買うことが多い=ネット検索の需要が高いものです。

具体的には結婚指輪、挙式・披露宴、旅行、車、マイホーム購入などです。

実際…そのようなとき検索魔になりましたよね?

そこまで高価なものじゃなくとも、身近な家電や家具、ベビーグッズでもいいし、マニアックな趣味の物でもオーケー。

「これめっちゃ便利!」「買って良かった」と、思わず口コミしたくなったサービスや商品ないですか?

ぽてこ
商品レビュー記事は、購入した商品の感想を書くだけなので、最も初心者にオススメ。ノルマを課せられた営業じゃないので、商品を売り込む必要は全くありません。ただ自分が感じたことをありのまま書いた記事こそ需要があると思います。

いかに「リアル」な話が書けるかが全てのカギ

書いてみたいことが浮かんでくると、書きたくてウズウズしてしまうと思うのですが、書き始める前に、絶対に知っておいて欲しいことがあります。

それはブロガーだからこそ書ける「リアルで生々しい話」を意識して書いてみましょうということです。

「ここに書いていること、本当かな?」って思ったブログに出会ったことないですか?真面目に本当のことを書いているのに、そう思われてしまっては元も子もないですよね。

個人のブログに、既にありふれている一般論は不要なのです。そこに至るまでの経緯など、できるだけ詳しく書き起こすのがコツです。ここを意識することで格段に成果が違ってきます。

ぽてこ
私は企業サイトでは絶対書けないことを意識して書いてます。「他社の類似品と比較してなぜそれを選んだのか?」とか「これは〇〇買ったら無駄になるから不要」など、リアルな口コミだからこそ書けることをしっかり書いてみてください。

企業サイトにはできない!ブログだからこそできるリアルな口コミにする方法

  • 自分で撮影した写真を掲載する
  • 具体的に経緯を書く
  • 「超」主観的に書く
  • 感情を書く
  • 「実際にやってみたら○○だった」など、ギャップを感じた部分を丁寧に書く

写真は自分が体験したことを視覚的に表すことができるので、オリジナル写真が掲載されていると格段に信頼性と情報量がUPしますよね。画像があることで読みやすくもなるし。

可能であれば、自分で撮影した写真を掲載するのが一番ですが、無理に掲載する必要はないので、くれぐれもプライバシーを判断した上で掲載してください(一度でもインターネット上にUPしてしまった画像は、取り消せないと思った方がいいです)

何かを経験する前と、経験した後では、何もかも想像通りではないはず。ギャップを感じた点は、経験する前の者にとっては最も知りたい点になるので、そのあたりを丁寧に説明すると良い記事になります。商品レビュー等は、まさに!ですよね。

誰かを誹謗中傷することは避けたいですが、他人の目を気にする必要はありません。

万人ウケしなくて良いので、具体的にどんな人に読んで欲しいか、特定の読み手を想定した上で書いてみてください。

嘘は絶対につかない

これ、すごーく大事なことだと思ってます。

嘘をついていいことない!というのが私の信念です。ブログの信用がなくなってしまっては、全てがオシマイ…

アフィリエイトに挑戦するとしても、自分が本当に良いと思っているものだけを勧めましょう。

あ、このブログでも一切嘘はついてないですよ😅

日記ブログじゃダメなのか

ダメではないんですが、普通に日記を書くだけだとものすごくもったいないことになります。

しかし日記ブログだからこそ肩の力を抜いて読んでもらえる部分もあると思うんです。

どこかに行った話であっても、少し視点や書き方を変えるだけで立派な収益化記事になりえるので意識して書いてみてください。

  • 複数のネタを一度に盛り込まない
  • 経緯を飛ばさずに丁寧に書く
  • どんな人に読んで欲しい情報なのか、その人が知りたいことは何なのか、読み手が有益になる情報を意識して書く

特に3番目がポイントですね。誰かに向けて良い情報を教えてあげるように書く、たったそれだけで全然違いますよ。

文字数が多くなるとSEOにも有利な傾向があります…が。

SEO=検索対策のことです。文字数が多くなると文中に含まれるキーワードも多くなるので、多くのキーワードで検索にかかるようになります。

また、最近はブログに訪れた人の「滞在時間」が検索順位を決める重要要素になっている=サイトの評価にも繋がっているとの憶測があります。これは実際私がブログを運営していてもひしひしと感じることです。

ぽてこ
文字数が多いとたくさんのキーワードからの流入が見込めるだけでなく、ページの滞在時間が長くなる傾向にあるので有利なんですよ!

でも、長けりゃいいというわけではないのです。ただただ文字数が多くて読みづらく、離脱されてしまっては無意味。

回遊性」も大事な要素と言われていますので、上手に誘導して記事を分けるのも手です。

さらに記事のタイトル内に含まれているキーワードは重要視される傾向にありますが、なんでもかんでも詰め込みすぎて題名が長くなっては逆効果です。長過ぎない方が、より厳選されたキーワードとして認識され、検索結果上位に食い込みやすい傾向にあります。

以上を踏まえて、一般的に記事のタイトルは32文字以内、本文は2000文字以上書きましょう!と言われています。でも、これらは全て「傾向」であって絶対ではないし、今後変わっていく可能性も十二分にあります。

だからあまり意識しない方がいいですよ。自分が書きたいことを書きたいように書くのが◎

その記事を読んで、評価をするのは人間です。検索上位の記事がいい記事とも限らないし、人によって評価が違うのは当然のこと。響いて欲しい人に響く記事を書きましょう。

他人のブログやマニュアルは必要以上に見ない

他の人のブログは参考にしなくていいです。むしろ、意識しないほうがいいとすら私は思っています!

同じようなことを書いたって無駄なんだし、見てる暇があったら自分が思ったことを自分の言葉でどんどん書く方が時間を有効に使えます。

オリジナルコンテンツを量産して、自分の経験則で自分のブログを育てていくことが絶対に早道!!!です。

もちろん誰かのブログがヒントになることはあるので、見ることがダメなことだとは思いませんが、自分のメディアなのだから他を意識しすぎていいことないですよ。

ぽてこ
仲間内で群れすぎるのも危険です。あなたが書くブログ記事を読んで欲しいのはブロガーさんですか?ブロガー友達に褒めてもらうのが目的でブログやってるんですか?
横のつながりで満足していると本当の評価が見えづらくなります。ブログを読んで欲しい人に満足してもらうにはどうしたら?を意識しないと伸びません…

ぽてお(夫)
最近どのブログに行っても同じに見えるのは俺だけか?個性がないブログってつまらないし興味がわかないぞ!

ぽてこ
それわかる!自分のブログなんだから自分らしく自由にやるべき!ブログはノウハウで学びすぎると良くないと思う…

成功者からヒントを学び、ブログの技術も磨いていくことも重要です。せっかく良いコンテンツが書けていても、稼ぐ効率が悪い状態になっているのはもったいない!

しかし実際に手を動かして記事を作っていかないと何の話にもならないので、自分の書いた結果をしっかり見て、軌道修正を繰り返していくやり方をオススメします。

ぽてお(夫)
「まずは自分でやってみる」ことと「PDCA」が大事ってことだな!

ぽてこ
うん。ブログって自分一人で全てをつくりあげているものだから、運営の全てを自分の頭で考え続ける必要があるよね。ブログで成功できるか否かは、それを継続できるかどうかだと思う…

最後に一言

つまり、過去の自分に向けて「あのとき、こんなことが知りたかった」ということを書けば、いい記事が書けると思うんです。

これなら書いていけそうってこと、いくつか浮かびました…よね?

ぽてこの場合、書きたいことがありすぎて全く書き起こせていないのが現状です💦

ぽてこ
私はご存知の通りついつい長文をダラダラと書いてしまうクセがあるので、もっとサクっと書けるようにしたいなと思う反面、これこそがうちのブログの良い個性となっているのかなとも思います。
「このブログが好き」って言ってくれる読者さんが増えてきたからこそ、「私は私でいいんだ!」って自信を持てるようになってきました。自分を取り繕っていいことないですね…
ブログの書き方についての話は、とても1記事では語りつくせません。この別館ブログを立ち上げてからぽてこのブログ論というカテゴリで展開していってるので、こちらも読んでもらえると嬉しいです。

次回はいよいよ収益化するための広告を導入する方法を説明します。広告を貼るにはいくつか記事がないと開始できないので、しばらく執筆に専念してみてください!

稼ぐブログを始める近道シリーズ もくじ

  1. 子育て中の専業主婦でもブログで簡単に稼げる仕組みを説明しよう
  2. 稼ぐためのブログを開設するなら、初心者こそWordPressをオススメします
  3. 【簡単5ステップ】独自ドメインを取得しWordPressでブログを開設する方法
  4. WordPressインストール後に最低限必要な初期設定とプラグイン
  5. 経験こそブログネタの全て!過去の自分に向けて欲しかった情報を書いてみよう イマココ
  6. いよいよブログ収益化開始!Googleアドセンス広告の始め方
  7. 短期間で稼げるようになるアフィリエイトの始め方
スポンサーリンク