本館おひるねブログで2016年に執筆した記事の加筆修正版です

連載している稼ぐブログを始める近道シリーズ、第4弾!

【簡単5ステップ】独自ドメインを取得しWordPressでブログを開設する方法の続編記事になります。

WordPressの設定はやり出すとキリがないし、「これはやっておくべき」の基準は本当に人によってさまざま。

見れば見るほど何をやっていいのか混乱して、もういいやと挫折してしまった…なんてことになったら本当にもったいない!!!ですよ。

しつこいですが、まずはいち早く記事を書いていくことが何より重要だと思うんです。アクセスは急には増えないし、成果が出ないとやる気でなくて当然です。

WordPressっていちいち用語から難しいんですが、ブログを書きはじめるまでにわかっていなければならないことって、ごく一部だと思います。

ぽてこ
WordPressをやってる限り新しい情報を仕入れながら日々勉強が必要ですが、最初は最低限これだけやっておけばブログ記事執筆を優先していっていいんじゃない?と思う設定に絞ってお伝えしていきますね!
スポンサーリンク

WordPressの基本的な初期設定を行う

WordPress初期設定については、↓バズ部さんのサイトに超詳しく書かれています。

WordPressインストール後すぐやっておきたい6つの初期設定
WordPressのインストール後に行える6つの初期設定の解説と、その中でもSEO面や集客面で重要な最初にやっておきたい設定項目とその方法を分かりやすく解説しています。

でもこれを全て理解しながら読んでいくのは、初心者にはちょっとシンドイと思うので、この中で最低限やるべきことを抜き出して書いてみます。

WordPressの管理画面にログインした状態で、以下を見てください。

設定 ⇒ 一般設定

一番上のサイトのタイトルとキャッチフレーズは、サイトに反映される部分なので必ず変更が必要です。Google検索結果でも表示される重要な設定になります。

ぽてこ
検索にも影響する部分なので、ブログに来て欲しいキーワードを混ぜておきましょう!

特にアドレス(URL)の部分は最悪ログインできなくなる部分なので、httpsに変更するとき以外は絶対に触らないようにしましょう。

それ以外は基本的に触っておく部分はありません。日付の表示方法などはお好みでどうぞ!

完了したら一番下の「変更を保存」ボタンを押します。

設定 ⇒ パーマリンク

これは重要!

ブログの記事の番地を決めるもの(=変更するとアドレスが変わるので、以前のアドレスが無効になってしまう!)になるので、一番初めにやっておかないと後悔します!

人によって色々考え方はありますが、私は「投稿名」にするのをおすすめしています。

投稿画面の「パーマリンク」で、各記事の設定が可能です。

私はドメインの考え方と同じで、できるだけ短く、どの記事かわかるような英語を使ってパーマリンクを設定してます。文法とか気にしないスタイルですw

「一度設定したら変えないようにする」ってことが大事なので、私と同じにする必要はありません。お好きな設定をどうぞ!

テーマをインストールする

ブログのデザインができていないと完成図がイメージしにくいと思うので、まずはじめに好みのテーマ(デザインテンプレート)をインストールしてしまうことをオススメします。

無料テーマのおすすめはダントツでCocoon!

有料・無料問わず配布されているテーマはたくさんありますが、現在は迷わずCocoonをおすすめしています。その理由は以下。

  1. 日本語テーマでわかりやすい
  2. 無料テーマの中ではダントツで機能が充実している
  3. マニュアルフォーラムが充実、利用者も多いので使い方がわからない時の解決方法が見つかりやすい
  4. シンプルな構造でカスタマイズも容易なので、のちのち自分仕様にいじっていきたくなったときの自由度が高い

ぽてこ
なにより作者のわいひらさんが大好きです。わいひらさんの作るテーマは群を抜いて使いやすいです。これが無料なんてほんとすごい!Cocoonの前バージョン?であるSimplicityには、おひるねブログ(本館)で長いこと大変お世話になっていました。

CocconはWordPressの管理画面⇒外観⇒テーマ⇒新規追加の画面から検索しても出てこないテーマです。オフィシャルホームページからダウンロードしてインストールしてください。

Cocoonテーマをインストールする方法
WordPressにCocoon親テーマと子テーマをインストールして利用するおすすめのインストール方法です。…

上記のページの内容に沿って設定をすれば全て完了します!

文中に出て来ますが、必ず子テーマもインストールして使って下さいね。

子テーマとは?

テーマ(親テーマ)の一部をコピーしたもののこと。子テーマにある情報が優先して反映されるので、どのテーマを選んだとしてもカスタマイズを加えたい場合は必ず子テーマを触るようにするのがWordPressの掟です。そうしておくことで親テーマの更新(バージョンアップ)をしても、子テーマでカスタマイズした内容を保てるなどといったメリットがあります。↓わいひらさんのブログでも詳しく説明されています

WordPressテーマのカスタマイズで子テーマを使うべき理由、使い方など
WordPressテーマのカスタマイズに必要な「子テーマ」と「親テーマ」に関する概念に関する説明です。子テーマの作り方や、使い方についても説明しています。テンプレートやスタイルを変更するなら、必ず押さえておきたいWordpressのテクニッ
MacでSafari使ってる人へ

MacでSafari使ってる人は、デフォルトとなっているzipの自動解凍の設定を変えておかないと、ダウンロードしたzipが消えてしまい、アップロードすることができません。詳しくは↓こちらのブログがわかりやすかったのでご確認ください。

Safariでダウンロードしたzipファイルが自動で解凍しないようにする方法とオマケ | ちだより
地域おこし協力隊ちだです。このブログはワードプレスで、テーマは「スワロー」という有料テーマを使って作っています...

デザインはいくらでも後から変えられますし、好みもあって当然なので、必ずしもCocconにする必要は全くないです。「WordPress テーマ 無料」などのキーワード検索でたくさん出てきます!

ぽてこ
Cocconは3月にリリースされたばかりのテーマですが既にユーザーがとても多いので、カスタマイズの仕方は検索すればいくらでも出てきますよ!Cocoonを使う場合は「Cocoon カスタマイズ」などのキーワード検索もチェックしてみてください!

有料テーマのおすすめはやっぱりDiver!

いきなり有料テーマにするのも全然ありだと思います。

なぜなら有料の方がカスタマイズを加えなくとも見栄えが良く、機能も充実しているから。時間をお金で買うってやつです。

ぽてこ
テーマの引越しって記事が多くなるほどなかなか大変な作業を伴うので、有料テーマを考えているなら早めの選択をオススメします。

ちなみにこのブログはDiverという有料テーマを着せています。

Diverは機能が充実しているだけでなく、無期限・無制限でサポートが受けられるという点でブログ初心者さんに自信を持っておすすめしています!

ぽてこ
こんなテーマ他にないですよ…まじで。

WordPressの操作に慣れない時期にサポートを買うという意味でも、すごく良いと思います。

当ブログ限定のオリジナル特典も配布していますので、よかったらご検討ください。

スポンサーリンク

Googleアナリティクスを設定する

Googleアナリティクスは無料で使えるアクセス解析ツールです。アクセス解析はいろいろありますが、誰もが絶対使ってると言っても過言ではないものになるので、必ず導入しておきましょう。

データがとれないとなんの振り返りができないので、ブログ開設してすぐにやっておくことをオススメします。

アナリティクスの登録方法自体はこちらでは省略します。わからない部分は検索すればたくさん有用な情報が出てくるはずなので頑張ってみてください!

Cocoonを利用する場合、設定マニュアルは↓こちらです。

Google Analyticsでアクセス解析する方法
Google AnalyticsのトラッキングIDをテーマに登録する方法です。…

Googleサーチコンソールを設定する

Google Search Consoleはサイト管理者ツールです。少し前までウェブマスターツールと呼ばれていました。

なんのこっちゃ?って感じだと思うんですが、アクセス解析同様はじめに登録しておいた方が良いツールです。

今は何が何だか全くわからなくても大丈夫、でもいち早くブログに設定しておくことが大事なものなんです。いつか設定しておいて良かったと思う日が来ます😂

アナリティクスの設定を先にしておいて、連携させるやり方↓で設定するのが一番簡単です!

Google Analyticsトラッキングコードによる所有権の確認 - Google Search Consoleの使い方(旧ウェブマスターツール)
ウェブマスターツールで所有権を確認する方法としてGoogle Analytics トラッキングコードを使った方法について手順を解説します。

最低限必要なプラグインをインストールする

プラグインとは拡張機能のことです。

プラグインを導入することによって、便利な機能を実装することができます。人によって考えが様々ですが、私の考えで初めに最低限入れておくべきものに限定して以下にまとめていきます。

ぽてこおすすめの厳選プラグイン

使い方については、わかりやすかった別サイトを紹介しておきます🙏

Google XML Sitemaps

簡単に言うと検索対策です。見えない部分ですが、必ず設定しておいたほうが有利ですよ。

All in One SEO Packっていう有名なプラグインがあって、導入必須と言っている人が多いんですが、私はサイトマップさえちゃんと送っていれば、SEOプラグインは特に不要だと思っています。

最近の人気テーマってAll in One SEO Packなしでもそれに相当する設定ができるものが多いと思うんですよね…

SEO対策とは?
Google検索などで上位表示されるように工夫することを「SEO対策」と言います。
この10年ほどでSEO対策と呼ばれるものは様々な変幻を遂げましたが、今は小手先のテクニックよりも中身が重視され、純粋にコンテンツが良ければ勝てるようになってきています。
Googleなどの検索エンジンは、検索を利用するユーザーに喜ばれるサイトを上位表示できるように日々進化しています。真面目にコツコツと有益なオリジナル記事の作成に取り組んでいたら、必ず報われます。
【WordPress】サイトマップ作成からSearch Console登録までの全手順
WordPressでプラグイン「Google XML Sitemaps」を使ってサイトマップを作り、Search Consoleに登録する手順を1つずつ解説しました。

※「4-3. サイトの所有権を確認」の部分は、このページの手順どうりやっていれば完了しているはずなので飛ばしてくださいね!

EWWW Image Optimizer

iPhoneなどで撮影した写真には位置情報がついているのを知っていますか?自宅で撮影した写真を普通にブログへ掲載してしまったら、どこに住んでいるのか住所もバレバレです。

このプラグインを導入していると、画像の圧縮(軽量化)をしてくれるだけでなく、位置情報など写真についている無駄な情報を消してくれるので、ブログに自分で撮影した写真を掲載する可能性がある場合は、必ずインストールしておきましょう。

Akismet Anti-Spam

スパムコメントから守ってくれる超有名なプラグイン。もともとインストールされているものだと思います。コメントを受け付けない設定にしているなら不要ですが…

Broken Link Checker

リンク切れ(自分が記事内で張ったリンク先のURLが削除されていて繋がらなくなった状態)を教えてくれる便利なプラグインです。あると後々救われるので、初めから入れておくことをオススメ。

Broken Link CheckerでWordPressのリンク切れをチェックしよう
リンク切れを自動チェックしてくれる、WordPressプラグインBroken Link Checkerの設定方法と使い方を解説します。うまく動作していないようなら、PHPのバージョンを確認してみてください。

Table of Contents Plus

 Cocoonはこのプラグインなしでも目次が出てくるのでインストール不要です

記事のもくじを自動的につけてくれるプラグインです。もくじがあると読者が読みやすくなるだけでなく、SEO対策にもなります。

記事を書いていないとイメージしにくいと思うので、とりあえずインストールをしておいて、細かい部分はあとから設定すればOK。

WordPressに目次を自動挿入するTable of Contents Plusの使い方
WordPressプラグイン「Table of Contents Plus」を使って目次を自動生成してみましょう。プラグイン概要と設定方法詳細、またブログに目次を入れることで期待できるSEO効果について解説します。

Contact Form 7

読者の方が管理者へ何か伝えたいことがあった時に連絡がつくよう、お問い合わせフォームはできるだけ早い段階から設置しておくべきです。

メールアドレスを掲載してもいいんですが、迷惑メールが来るようになったり悪用されたら困りますよね。このプラグインを使うと簡単に設置できるので、フォームを設置してしまうことをオススメします。

WordPressで問い合わせフォームを設置する方法【初心者向け】
WordPressで作成したサイトに「お問い合わせフォームを設置する方法」を初心者向けに解説した記事です。今回は【Contact Form 7】という有名なプラグインを使った方法を紹介します。フォームのカスタマイズも簡単に可能です。

UpdraftPlus

万が一のバックアップはとても大切。同じようなプラグインは他にもありますが、私はボタンをポチするだけで復元もできるこちらをオススメします。

【保存版】プラグインUpdraftPlusの設定と使い方【WordPressのバックアップ】
こんばんは。松本です。いわきでホームページ作ってます。昨日半分寝ながら書いたUpdraftPlusの記事が、思ったよりも反響を頂いてひっくり返りました。乗り換えました!ってコメントをたくさん見て冷や汗…設定の仕方をちゃんと記事にしたので…

SiteGuard WP Plugin

セキュリティ対策のプラグインです。最近WordPressの改ざん被害をよく聞くので、初めから不正ログイン、ハッキングなどに備えておくことを推奨します。

一戸建てブログならではの悩みですね。家を守るのも自分でやらないといけないわけです。

いろいろ対策方法はありますが、私が最もオススメしたいのがSiteGuard WP Pluginです。とっても簡単にセキュリティレベルをアップすることができちゃいます!

SiteGuard WP Pluginの使い方と設定方法
SiteGuard WP Pluginとは 近年、WordPressを使っているユーザーの数は右肩上がりに増加しています。 初心者でも手軽にWordPressを使ってサイトを構築できる環境が整ってきたこともあり、ひと昔前よりだいぶ敷居が低くなってきていると感じます。 しかし、それに伴い、WordPressを狙う悪質な攻撃も増えてきているのも事実です。 自分は初心者ではないから、なんて思っていると痛い目に会います。 そこで今回は、最もメジャーな攻撃方法である総当たり攻撃をはじめ、様々な外部からの攻撃に対し絶大な効力を発揮するプラグイン「SiteGuard WP Plugin」をご紹介します。 SiteGuard WP Pluginの特徴 まずは「SiteGuard WP Plugin」の特徴からみていきましょう。 こちらに箇条書きでまとめました。 「ログインを何度も失敗するユーザーに対してロックを掛ける」など主にログイン画面の機能強化のための複数の対策ができる ひらがなの画像認証機能が備わっているため、ロボットと日本以外からの攻撃者に対して非常に有効 プラグインの提供元が法人であるため品質の担保ができる、また今後も定期的にアップデートされる可能性が高い WAF(Web Application Firewall)を提供しているネットセキュリティ大手であるJP-Secureが提供している WordPressで特に狙われやすいXML-RPCを狙った攻撃の無効化機能も持っている 日本製のため設定項目やマニュアルが日本語 XML-RPCとは XML形式のデータをHTTPでやり取りするための、RPCプロトコルの一種であり、エンコード(符号化)にXMLを採用し、転送機構にHTTPを採用している。 非常に単純なプロトコルであり、少数のデータ型やコマンドだけが定義されている。 一つのプラグインで様々な攻撃に対応できるのも、このプラグインの優れた点ですね。 WordPressへの不正ログインを防ぐためには必須のプラグインと言えます。 SiteGuard WP Pluginのインストール まずは「SiteGuard WP Plugin」をインストールしましょう。 WordPressの管理画面の「プラグイン」ページから「新規追加」をクリックします。
 こちらのプラグインをインストールすると管理画面ログインのURLが即変わるのでご注意ください!インストール後、登録メールアドレスあてに届く「WordPress: ログインページURLが変更されました」という件名のメールに新しいURLが記載されていますので、ブックマーク変更しておいてください。

さらにGoogle Authenticatorを使ったスマホアプリによるワンタイムパスワードの二段階認証も導入すれば、よりセキュリティが強固になります。

スマホをなくしてしまったり、スマホが壊れてしまった時のリスクも発生しますが、回避方法はあるのできちんと理解して利用してください。

スマホを機種変更する際には設定の変更をお忘れなく…

Google AuthenticatorプラグインでWordPressブログを2段階認証に設定する方法 | 海外SEO情報ブログ
WordPressのブログで2段階認証を実装する方法を解説する。設定方法は簡単で、Googleアカウントの2段階認証を有効にしたうえでスマートフォンのGoogle認証アプリとWordPressのGoogle Authenticatorプラグインを利用するだけ。不正ログインを防ぐためにぜひ実装したい。

どこまでやっておけば絶対安心!とは言えないので、それぞれの価値観で決めるべきことと思います。

当然ながら、ログインパスワード自体を強固なものにしておくというのも大切です。

家の防犯を想像するとわかりやすいですよね。二重鍵にするのか、鍵自体をディンプルキーにするのか、セコムまで入るのか…

どんな対策を施すにせよ、自分自身がログインできなくならないようにご注意くださいw

その他、プラグイン選びなどの参考サイト

ひとまずはこれまで紹介したプラグインを導入しておけば十分というのが私の意見ですが、同じ最低限でも本当に人によっていろいろな見解があるので、以下のサイトなども参考にしてみてください。

ぽてこ
プラグインのいる・いらないは、人によって最も違ってくる部分と思います。絶対的な正解はないので自分が納得するものを選んでみてください。
Cocoonテーマとあわせて使用するのにお勧めなプラグインまとめ
WordPressテーマCocoonは、ある程度自前でサイト運営に必要な機能を備えています。ただ、すべての機能を同梱するわけにはいかないので、この記事で紹介するプラグインで機能を補完することで更にサイト運営能力を高めることができます。…
WordPressブログで最初に理解しておいた方がいいことをつらつらと | 株式会社bridge
WordPressでブログをはじめたばかりの人にむけて書きました。最初に知っておきたい知識を中心に、主に「考え方」について書いています。

プラグインの入れすぎには注意!

プラグインは便利だからといって、入れすぎるとプラグインどうしの干渉がおこったり、サイトが重くなる原因にもなるので良くないです。

むやみやたらに入れるのはやめておき、いらなくなったものは削除しましょう。

おつかれさまです。ブログを書く準備が整いました!

おめでとうございます!これでブログを書く準備は完了です!!

GoogleアドセンスやASPも、記事をいくつか書いてからでないと申し込めないので、次はいち早く記事作成に着手してみましょう。

え?何を書いていいのかわからない…?!

次回はブログ記事を書くコツや、ブログネタについて書いてみようと思います。

稼ぐブログを始める近道シリーズ もくじ

  1. 子育て中の専業主婦でもブログで簡単に稼げる仕組みを説明しよう
  2. 稼ぐためのブログを開設するなら、初心者こそWordPressをオススメします
  3. 【簡単5ステップ】独自ドメインを取得しWordPressでブログを開設する方法
  4. WordPressインストール後に最低限必要な初期設定とプラグイン イマココ
  5. 経験こそブログネタの全て!過去の自分に向けて欲しかった情報を書いてみよう
  6. いよいよブログ収益化開始!Googleアドセンス広告の始め方
  7. 短期間で稼げるようになるアフィリエイトの始め方