マイホーム新築中に知らない外構業者からDMが届いた!個人情報流出元を考察

知らない外構屋からDMが届いた!個人情報流出元は建築計画概要書か不動産登記簿謄本?注文住宅

絶賛マイホーム建築中の我が家ですが、突然見ず知らずの外構業者からDMが送られてきたので驚きました。

もちろん「今住んでいる住居宛てに」です。

どのようにして個人情報が漏れて、我が家にDMが送られてくるようになったのか、考察をまとめました。

スポンサーリンク

知らない外構業者から届いたダイレクトメール(郵便物)の内容

昨日、こんなDM(郵送)が我が家に届きました📬

Instagramのストーリーズにて一足早く公開してました)

はい、突然のダイレクトメールで驚きましたよ😵

契約した外構業者さんから届いた郵便物だと思ってたのに、よく見たら全然違う会社の営業DMでびっくりでした。。。

御新居建築まことにおめでとうございます」って書いてるということは、現地を実際に歩いて目をつけた建築中物件の不動産登記を確認し、DM送ってる?!😰

中には会社パンフレット的なものと、過去の施工事例写真集が入ってました。

不動産の所有者情報は、登記情報提供サービスを使えば、わずか145円でオンライン取得できる

suumoの「登記簿謄本ってオンラインで取得できるの?実際にやってみた!」という読み物ページに、↓こう書かれていました

所有者情報だけなら、ネットからわずか145円で閲覧できるねんて😰😰😰

これって新築あるあるなんでしょうか。

初めてのことだっただけに、なかなか大胆な営業やなとびっくりしました。。。

建築計画概要書の無料閲覧サービスを悪用して、マイホーム新築中の人にDM送付してる?!

もしかしたら新築中の個人情報リストの転売屋までいて、これからこんなんばっか届くんかなーいやだなー・・・と、ぼんやり思ってた矢先!!

インスタでたくさんの方から「うちもです」などといった内容のDMいただきました。やっぱり新築あるあるのようですね・・・

町田さんからは個人情報の出口は「建築計画概要書」ではないかという指摘も・・・

自治体によるかもしれませんが、この建築計画概要書の閲覧は無料でできるんだそう😇😇😇

たとえば、大阪市のホームページにも

閲覧のみの場合は手数料は発生いたしません。

と、はっきり書かれていました。

↓実際に苦情が寄せられていて、総務省が閲覧制度の見直しを図っているそうです。(総務省ホームページのPDFを引用)

平成19年7月5日に、こんなことを考えてくださってたようですが、これでも制限できてるのかどうなのか😂

ちなみに、たとえば大阪市の場合、建築計画概要書を見ると↓こんな情報がチョンバレになるようです((((;゚Д゚)))))))

https://www.city.osaka.lg.jp/toshikeikaku/cmsfiles/contents/0000012/12123/Gaiyo-rei201906.pdf

我が家ではどんな資料が閲覧できるのか気になるから、今度役所行って見てみようかなあ。

変な個人情報流出で起こったことではなさそうなので、ひとまず安心というかなんというか・・・

 

ともかく。

我が家、もう外構業者決まってますし!

カーテンはHMのほうでフル装備されてるので、提携業者さんにお世話になりますし!

家具などのインテリアもIKEA様に頼りまくる予定なんで!!

どうかお引き取り願います🙇‍♂️

 

↓マイホーム建築日記は、アメブロで書いています😉

おひるね家 - コの字型の身の丈ハウス with 泉北ホーム -
おひるねぽてこさんのブログです。最近の記事は「【着工101日目】コンビットグラードプラスの艶消し床が想像以上に良かったので自慢させてっ!!(画像あり)」です。
タイトルとURLをコピーしました