知らない外構屋からDMが届いた!個人情報流出元は建築計画概要書か不動産登記簿謄本?

絶賛マイホーム建築中の我が家ですが、突然見ず知らずの外構業者からDMが送られてきたので驚きました。

もちろん「今住んでいる住居宛てに」です。

どのようにして個人情報が漏れて、我が家にDMが送られてくるようになったのか、考察をまとめました。


知らない外構業者から届いたダイレクトメール(郵便物)の内容

昨日、こんなDM(郵送)が我が家に届きました📬

Instagramのストーリーズにて一足早く公開してました)

はい、突然のダイレクトメールで驚きましたよ😵

契約した外構業者さんから届いた郵便物だと思ってたのに、よく見たら全然違う会社の営業DMでびっくりでした。。。

御新居建築まことにおめでとうございます」って書いてるということは、現地を実際に歩いて目をつけた建築中物件の不動産登記を確認し、DM送ってる?!😰

中には会社パンフレット的なものと、過去の施工事例写真集が入ってました。

不動産の所有者情報は、登記情報提供サービスを使えば、わずか145円でオンライン取得できる

suumoの「登記簿謄本ってオンラインで取得できるの? 実際にやってみた!」という読み物ページに、↓こう書かれていました

所有者情報だけなら、ネットからわずか145円で閲覧できるねんて😰😰😰

これって新築あるあるなんでしょうか。

初めてのことだっただけに、なかなか大胆な営業やなとびっくりしました。。。

スポンサーリンク

建築計画概要書の無料閲覧サービスを悪用して、マイホーム新築中の人にDM送付してる?!

もしかしたら新築中の個人情報リストの転売屋までいて、これからこんなんばっか届くんかなーいやだなー・・・と、ぼんやり思ってた矢先!!

インスタでたくさんの方から「うちもです」などといった内容のDMいただきました。やっぱり新築あるあるのようですね・・・

町田さんからは個人情報の出口は「建築計画概要書」ではないかという指摘も・・・

自治体によるかもしれませんが、この建築計画概要書の閲覧は無料でできるんだそう😇😇😇

たとえば、大阪市のホームページにも

閲覧のみの場合は手数料は発生いたしません。

と、はっきり書かれていました。

↓実際に苦情が寄せられていて、総務省が閲覧制度の見直しを図っているそうです。(総務省ホームページのPDFを引用)

平成19年7月5日に、こんなことを考えてくださってたようですが、これでも制限できてるのかどうなのか😂

ちなみに、たとえば大阪市の場合、建築計画概要書を見ると↓こんな情報がチョンバレになるようです((((;゚Д゚)))))))

我が家ではどんな資料が閲覧できるのか気になるから、今度役所行って見てみようかなあ。

変な個人情報流出で起こったことではなさそうなので、ひとまず安心というかなんというか・・・

 

ともかく。

我が家、もう外構業者決まってますし!

カーテンはHMのほうでフル装備されてるので、提携業者さんにお世話になりますし!

家具などのインテリアもIKEA様に頼りまくる予定なんで!!

どうかお引き取り願います🙇‍♂️

 

↓マイホーム建築日記は、アメブロで書いています😉

スポンサーリンク
マイホーム計画のファーストステップにおすすめ

一戸建て移住計画を始めるにあたり、私はまずタウンライフ家づくりというサイトを利用しました。
住宅展示場に行くとなかなか帰してもらえず1メーカーあたり数時間はかかってしまうので大変疲れますが、事前に何社も資料が手に入って概要がわかるのは本当にありがたい!実際に展示場まで足を運ぶよりずっと気楽で、注文住宅を依頼するHMを効率よく探せるのでファーストステップにおすすめです!
大手ハウスメーカーに限定しないバージョンもあります