おむつゴミ箱を使わないようになって、おむつのにおいに悩まなくなったという不思議な話

買って後悔しているベビーグッズのひとつがおむつゴミ箱です。

我が子はもうすぐ1歳になりますが、買ったおむつゴミ箱が気に入らないという意味でなく、1年間子育てしてみておむつゴミ箱はわざわざ購入する必要ないものだったと感じています。我が家では数ヶ月前から使っておらず、捨てるのも忍びないし、他人様に譲るような物でもないし、今のところ他に使う用途もないし…正直困ってます。

なぜおむつゴミ箱が必要ないと思っているのか、お話しします。

スポンサーリンク

うちで買ったおむつゴミ箱はUbbiです

これけっこう高かったんですけどね。カートリッジ不要だし、ニオイ移りがしにくいスチール製だし(それでも多少は残ります)、普通のゴミ袋でOKだし、大容量なのにデザインがスタイリッシュな点が気に入って買いました。ずっとリビングに置いておく物だしね。

色はピンクです。ピンクって普段買わないんですが、欲しかった白が売り切れだったんですよね。すぐに欲しかったので、優しい色だしたまにはいいかと正直妥協で買いました。ちょっとくすんだ薄いピンク色で、インテリアに浮くこともなく、なかなかいい色です。

つかまり立ちをするようになると、この高さがちょうどいいみたいで、よくここにつかまって立っていました。写真のようにポンポンたたくようになり(スチール製なのでなかなかいい音がします)、おむつゴミ箱を押して歩く練習をするようになり、いつのまにかフタの開閉もできるようになってしまいました。チャイルドロックはその頃から使うようになりました。

おむつゴミ箱Ubbiの何が不満だったのか

離乳食が始まると我が子の排泄物ですら堪え難いニオイ

口コミ通り、このゴミ箱は全く匂いが漏れません。その点はとても気に入っていました。うんちのおむつは小さなビニール袋に入れてから捨てていれば、週2回ゴミ収集日のタイミングでの回収で真夏も問題なく使えていました。

ところがですね、離乳食が始まると本当に排泄物のニオイがどんどんきつくなるんです。離乳食初期はまだ母乳がメインなのでほとんど気になりません。ところが離乳食中期、離乳食後期と進むにつれて、どんどんニオイが強烈になって耐えられなくなっていきました。

え?このゴミ箱って全くニオイが漏れないんでしょ??

ええ、本当に漏れませんよ。すごく優秀なおむつゴミ箱だと思います。

ではいったい何が耐えられないのかというと、おむつを新しく捨てる時にUbbiのフタを開けると、中に入っているおむつのニオイが部屋に充満することが耐えられないんです。たった数秒足らずの開閉で数分は部屋がニオイます。

私は真冬でも耐えられませんでした。いや、窓を閉め切っている真冬だったからこそ気になったのかもしれない。もちろんうんちの時はトイレに流してからビニール袋に包んでいますよ。それでも2日経つと、おむつを捨てるのを躊躇してしまうほどのニオイでした。

ニオイに限界を感じてから、2日分溜まったらベランダで他の一般ゴミと合わせて口を閉じてしまってました。離乳食が始まる月齢だと、2日分なんてUbbiの容量の1/3程度しか溜まらないですけどね。

臭くならないためにおむつゴミ箱を買ったのに、オムツ替えの度になんでこんな悪臭に耐えなければならないのかと悲しくなりましたよ。

どちらかというと尿のニオイがツライんです

いやぁ、水洗トイレって素晴らしいですね。うんちのニオイは当然覚悟していましたが、まさかおしっこのニオイもこんなに臭うものだとは知りませんでした。

離乳食が進むにつれて尿のニオイも格段にレベルアップ時間が経つと何とも言えないアンモニア臭だけじゃないニオイに変化します。

ショッピングモールなどのベビールームにあるおむつゴミ箱に捨てる際、ウッ…と感じたことありませんか?あたりまえですが、あのニオイです。漬物が腐ったようなニオイ🌀

あれは他人の子のものだからとか、量の問題ではなく、排泄物の月齢(食べている物の違い)の問題なのだと思います。おむつゴミ箱のフタを少し開けただけで数分間リビングにあの悪臭が充満するのが耐えられなくて、Ubbiはとてもリビングには置けないものとなってしまいました。

おむつゴミ箱をトイレに置いている人がいるということに納得。でもおむつゴミを捨てるたびに、いちいちトイレに行くのは面倒だなぁと私は思います。

おむつゴミ箱の消臭方法を色々試しました

コーヒーかすを濡れたまま入れる

UCCのコーヒーの抽出かすに脱臭効果が認められました!というページに面白いことが書かれています。

コーヒーの抽出かすには以前から脱臭効果があるとされてきましたが、UCCの実験でコーヒー抽出かすは活性炭以上にアンモニアの脱臭効果が優れていることがわかりました。

コーヒーの抽出かすの持つ3つの要素がアンモニアに作用し、脱臭効果をもたらしていると考えられます。

アンモニアはもともと水に溶けやすい性質がありますが、コーヒーの抽出かすは、一般的に家庭用消臭剤に使われている活性炭とよく似た構造をしており、この多孔質な構造によりコーヒーの抽出かすの表面積が増え、いやな臭いをキャッチし、吸収しています。

また、コーヒーの抽出かすは酸性のため、アルカリ性であるアンモニアを中和させアンモニアの吸収率を高めています。
さらに、コーヒーをいれた後の水分を含んだままの状態の方が、アルカリ性分を吸着、中和しやすいこともわかっており、このことがさらなる脱臭効果につながっていると考えられます。

「コーヒーの抽出かすを使って消臭剤を作りたいけど、乾燥させるのが面倒…」という方も、コーヒーをいれた後のぬれたままの状態で活用してみてはいかがでしょうか?

01-img-0

コーヒーかすを脱臭剤にする場合は乾かしてからじゃないといけないイメージがあったんですが、アンモニア臭などアルカリ性分の消臭は濡れたままの方がいいなんて。毎朝コーヒーを淹れているので、これはすぐに試しました。

IMG_4855

キッチンペーパーに乗せて

IMG_4856

包んで

IMG_4857

おむつと一緒に一緒に入れておくだけ。超簡単!

これは思った以上に脱臭効果ありましたよ。ただおむつゴミ箱に捨てるだけなので、コーヒーを淹れている人は絶対やった方がいいです。

新聞紙やチラシに包む

おむつの消臭にも効果があると聞いて試してみました。我が家は新聞を取っていないですが、マンションなのでたくさんチラシや地域新聞などが入ります。それらを保存して利用しています。

チラシ(または新聞)の上におむつを置き

IMG_6387

春巻きの要領で包んでから捨てるだけ。

これが効果絶大!!!

コーヒーかすよりも脱臭効果を感じました。ホントすごいです!!ノーコストでこんなにニオイの悩みから解放されるなんて感激でした。

トイレに流しにくい柔らかうんちはBOSの防臭袋を利用

IMG_6047

驚異の防臭素材として有名なBOSの防臭袋です。口コミで知って、お出かけ用に用意していたんですが、これほんっとに全然臭わないからスゴイですよ。赤ちゃんのおむつ用としてベビー用品店ではSサイズを売っていることが多いですが、ペットショップで売っているSSサイズで十分入るのでこちらがオススメです。このSSサイズはワンちゃんのお散歩用を想定して作られた物なので。

IMG_2490

おむつはMサイズのグーンパンツです。横のままで全然入ります。

IMG_2491

一気に数個入れるなら2個は入りそう。口コミを見ると、クリップで仮止めしておいて、数個溜まってから口を結ぶ人もいるようです。

IMG_6048

ティッシュの要領で取り出せるから、箱入りが絶対便利です。

最初の一箱をペットショップで買った時、レジの店員さんに「今何才なんですか?🐶」って笑顔で聞かれ、旦那は「人間の赤ちゃん用なんです👶💦」と恥ずかしそうに答えたそうな。笑

これ消耗品なのでストックしておきたいんですが、複数個のセットでもあまり安売りしていないんですよね。楽天だと送料がかかるお店がほとんどなので、普通にAmazonで購入が手っ取り早くてオススメ!

ちなみにMサイズもオマケで頂いたことがあり、使ったことがあります。こちらは口を結んだ上にもう1個入りますよ。クリップで仮止め方式なら、もっと入ると思います。

bos

SSは200枚入りで1,512円、Mは90枚入りで1,080円。2個入るという観点で考えるとMサイズの方がコストは安く済みますが、1個入れた状態の物を置いておくのが嫌だったし、そこまでケチるのもどうかと思いまして、私はSSサイズ派です。

追記:おむつLサイズもSSサイズに余裕で入ります

我が子は最近おむつがLサイズになりましたが、変わらずSSサイズに余裕で入ります。おそらくさらに上のビッグサイズになっても入るかと。おむつを1個ずつ入れていきたいならSSサイズが絶対オススメです。

ここまで努力しておむつゴミ箱って不要なことに気付いた

ここまでやって、ようやく気付いてしまったんです。

おむつゴミ箱いらないやん!って。

おしっこのおむつ&うんちをトイレに流せたおむつは新聞紙かチラシに包み、やわらかうんちのおむつはBOSの防臭袋に入れれば、普通にゴミ箱に入れてしまっても全く気にならないことに気付いたのです。

ゴミ箱は小さめの物を利用し、こまめにゴミ箱に溜まったゴミをまとめて回収するのがコツです。現在我が家ではリビングに置いてある普通の投げ入れ式ゴミ箱(ビニール袋設置)に、新聞紙かチラシかBOS防臭袋で包んだおむつを入れてしまっていて、毎日そのゴミ箱に溜まったゴミ袋の口をしっかり閉じて、キッチン設置の45Lゴミ箱に入れてしまっています。それを2日に1回、口を閉じてベランダに出してます。

ゴミ箱はなるべく小さい単位で管理し、ゴミ袋の口を閉じたら二度と開けなくて済むフローにし、できるなら外に出しておくのが一番です💦

Ubbiを開けるたびにウッ😲、Ubbiのゴミを回収する時なんて外でやってもウウウウ〜ッ😲😲😲となっていたのに、このフローで全く気にならなくなりました。

我が家のおむつゴミ箱を撤収した理由は以上です。

もし買うなら…後悔しないおむつゴミ箱の選び方

おむつゴミ箱があると、やっぱり便利は便利です。もし買うとしたら、リビングなどに置く前提であれば、フタをしている状態で臭いが漏れるかどうかよりも、捨てる時に臭わないつくりになっているかどうかを重要視することをオススメします。

買うならこんなおむつゴミ箱がオススメです。

これは捨てる際、中のにおいが漏れにくいつくりになっています。

こちらは安いしオススメです。でもレビューを見てると、これでも臭いが漏れると感じる人もいるようですね。プラスチック製だからでしょうか。

私はやっぱりおむつゴミ箱を買う前に、新聞紙かチラシで包むことから始め、ニオイが気になってきたらBOS防臭袋を利用してみることをオススメします。BOSなら何も置く必要がなく、寝室でもお出かけ先でも実家でもどこでも使えて楽チン。少なくともカートリッジ式のおむつゴミ箱よりよっぽどスマートで経済的だと思いますがいかがでしょうか。

実は最近、BOSに入れたうんち袋は全く臭わないので、そのままキッチンの45Lゴミ箱に捨ててしまっている私です。面倒なのでトイレに流すことすらも最近ほとんどしてません💦

BOSのSSサイズは1枚当たり約7.5円。一見高く感じますが、うんちの時しか使わないので200枚入りって結構持ちますよ。この便利さと快適さを考えたら、ものすごく安く感じます。

【2016.8.14追記】真夏はそれでも臭いが気になるようになったのでオシッコオムツにもBOSを利用し始めました

いやー猛暑舐めてました。上記の方法でも1日でゴミ箱がめちゃくちゃ臭くなって、1ヶ月前ほどから耐えられなくなりました😲

ここへ来てUbbiのおむつゴミ箱を復活させ、トイレに置いておしっこゴミをUbbiに捨てるように運用してみたのですが、なんとオシッコゴミだけなのに数日でUbbiからニオイが漏れるようになってしまいました。トイレは空調効いてないですしね。猛暑恐るべし。

私は現在2人目妊娠中で、ニオイに敏感になっていることもあると思いますが、いくらトイレとは言え、用を足している時間がとても不快で、トイレにUbbi方式すら耐えられなくなりました…。これじゃ、お客様も呼べません。

そこで夏はオシッコオムツもBOSに入れることを決意。でもさすがにオシッコオムツも1個ずつは勿体ないと感じるので、余っていたMサイズのBOSが大活躍しています。

今のところクリップ仮止め方式で入れていってますが、Lサイズのおむつが最大5個ぐらい入ります。5個目を入れるころには開封をためらうぐらいニオイが気になってるので、まとめて入れるにしてもMサイズがちょうどいいサイズだと思います。

SSサイズのBOSだと無理矢理ねじ込めたとして3個ですが、普通の感覚で2個までです。でも2個なら仮止めの開封もためらわずに使えるので、結局SSサイズをオシッコオムツにも使ってしまいそうです💦

BOSは猛暑でもうんちゴミすら全く臭いません!これで真夏もおむつの臭いに悩まなくなりました。本当にBOS様々です😂😂

BOSは季節などに応じて、ニオイ対策レベルを操作できるのも素晴らしい。やっぱりおむつゴミ箱って私にはいらない買い物でした…