出産後も無駄にならないマタニティインナーの選び方。添い乳対応の愛用授乳ブラジャーをご紹介

マタニティウェアにはこだわりをもって深く研究していた私。

前回、マタニティウェアについてざっと私の見解をまとめましたが

出産後も無駄なし!オシャレに快適に過ごせる必要最低限のマタニティウェアをまとめてみた
「マタニティウェアは必要なのか?」と聞かれると、「普通の服でも、どうにでもなる」が私の答えです。 むしろ、「産後も着られる」「いかにもマタニティにならない」「安い」という意味で、普通の服の方がい...

こちらでも少し触れているマタニティーインナーについて、掘り下げて行こうと思います。

photo credit: boobs for sale via photopin (license)

スポンサーリンク

マタニティブラジャーを買う前に心得ておきたいこと

とにかくサイズ選びが難しいです。

人によるとおもいますが、妊娠すると想像以上に胸が大きくなります。マタニティ用のインナーは、「マタニティMサイズ」など、特殊なサイズ表記をしています。一般的にMサイズだった方は、サイズアップも見込んだ「マタニティMサイズ」を選べば良いようにできているわけです。これがわかりやすいようで、ものすごくわかりにくい!!

私は普段ユニクロのブラトップならMサイズのC70ほどですが、つわりで気分が悪かった影響もあり、なんと最終的にはマタニティLLサイズに!体重がほぼ元通りになった今も胸が張っているのでLLサイズの授乳ブラを継続して使っています。ノンワイヤーだと大きめでも馴染んで、大きすぎて困ることはありませんでした。

マタニティ期のためではなく、授乳のために買うこと。

マタニティブラジャーが本格的に活用されるのは、産後授乳するようになってからになります。マタニティ期はサイズが合って、締め付けが気にならないつくりであればそれで満足でした。私は元が小さいので、かなり大きくなっても所詮”並”だったからかもしれません…。ホールド感が気になるようであれば、必要に応じて意識して選んでください。

一口に授乳ブラジャーといっても、いろんな開閉タイプがあるんです。サイズはぴったりでも、そのつくりの違いで、産後もよく使うもの、使わないものに、すごく差が出ます。

どのタイプが自分にあっているかは人それぞれ。確証がないうちは、安物を最低限買っておくのが無難です。

授乳ブラジャーは主に3種類

クロスオープンタイプ(カシュクールタイプ)

この写真の通り、ずらすだけで胸を出すことができるタイプで、最も一般的な構造だと思います。なんといっても片手ですぐに出し入れできて、とにかく楽チン。私はこのタイプが一番好きです。

この簡単さゆえ、気をつけないと大事な部分が出たままになってしまうこともありますが(!!!)普通に気をつけていれば大丈夫です。笑

私は胸が大きい方ではないので、胸の張り具合によってはズラしたままキープしにくい時があり(胸が隠れる位置にもどってしまう)、少し授乳しにくいと感じることもあります。

こちらのブラはノンワイヤーなのに美乳になれるホールド感もありそうで、すごく良さそうですね。授乳回数も減り、外出も増えてきたので、そろそろこういった美胸を意識したものを買い足そうかな。レビューもかなりいいので気になります。

ストラップオープン


画像の通り、ストラップの留め具をはずすとカップごとぺろんとめくれるタイプです。バストをある程度支えつつ大きく開くので、小胸さんでもズレることなく授乳のしやすさは満点。私はここまで大きく開くメリットをあまり感じず、留め外しも面倒くさいので、結局使わなくなってしまっています。ひとりでいるときはいいんですけど、誰かといるときほど服の中でペロっとめくっちゃうのが一番ですから。

カシュクールとの2WAYタイプなんてのもよくあります。

これ私、持ってます。レギンスも愛用しまくった信頼の犬印ふくらみがやさしい立体的な形で、西松屋の安いワイヤー入りのものと比較してとにかくつけ心地が良く、初めてつけた時はとても感動しました。

ただLサイズすらサイズ的に苦しくなってしまい、妊娠中期ぐらいまででお蔵入りしました。産後5ヶ月経ち、胸の張りがおさまってきたので、そろそろこちらもまた使っていこうと思ってます。

フロントオープン

そのまんま、前開き型のブラジャーです。ハーフトップと呼ばれる、短いタンクトップ型のものによくあります。小学生のころつけていたジュニアブラジャーみたいでなつかしいですよね。

胸を大きく露出するので一番自然な形で授乳できるのがこのタイプかなと思います。楽そうだし、価格も安いし、授乳もしやすいと思いますが、私は買いませんでした。気持ちが悪くてブラジャーをゆるめたい時も、後ろをはずすほうが胸のラインが崩れにくいので、後ろホック必須で探していたからです。

※後ろホックのブラジャー型で、フロントオープンのものもあります。

私が妊娠中期から毎日つけているお気に入りの授乳ブラジャーはこれ!

アカチャンホンポの、ママラボシリーズです。「ママラボ」は赤ちゃん本舗とインナーメーカー「ルシアン」の共同開発ブランド。ルシアンはワコールグループの企業なのも信頼できます。

新しい柄が毎シーズン追加されるのですが、型落ちした柄はセールで1000円ぐらいで買えるので必見です。

私はこのLLサイズを妊娠中期ぐらいからずっとつけています。3枚をローテしてますが、授乳パッドもつけるし、そろそろ毛玉がかなり気になってきました。。。

この授乳ブラの素晴らしい点

つけ心地の面で言うと、正直「普通」。下がぐるりとゴムになっているのでブラトップのような感じです。ただ他と決定的に違うのが、

添い乳なども考慮してサイドオープンができる構造でつくられているところ!!


フロントだけでなく


サイドもカシュクール構造になっているので、横からもブラをめくって胸を出せるんです。これがありそうでなかなかないし、こっちのほうが安定して出せます。

絶対に横からじゃないと授乳できない体勢ってないですが、自分も寝ながら授乳する添い乳などはこっちのほうが断然授乳しやすく、ほんとちょっとしたことなんですが、一度使うと病み付きになってしまいました。

添い乳って普通するものなの?

まだ産む前だと「添い乳」ってなにそれ?って思いますよね。こんな寝転んでも授乳するの?って。私はしないからいいや、と思っていました。

でも、いざ産まれてみると待っているのは寝不足生活。眠たい目をこすりながら、夜中も我が子を抱いて授乳授乳授乳の毎日です。どうしても座ったままの授乳だと、夜中は特にシンドイのです。それに布団から出るのが寒い。

人それぞれ考え方はあると思いますが、私は添い寝派です。はじめ、私が寝相悪いのが怖いこともあってベビー布団で寝かせていましたが、添い寝の効果はやってみるとすごかったです。赤ちゃんが安心してすぐに眠ってくれる。さらに添い乳すると、普通に授乳するのと比べて抱いておく必要がないので、もう本当に楽チンすぎて、お互いにやみつきに。笑

いいのか悪いのか寝かしつけるときに布団で添い乳のクセをつけてしまったので、5ヶ月経った今も毎晩添い寝、添い乳です。お昼間は勝手にセルフねんねしてくれるような子ので、ネントレはもう少し経ってから考えればいいやと考えています。

igの妊婦友達も「添い寝、添い乳に助けられた」ってたくさんの人が言ってました。ママのぬくもりを感じながら寝られるので、やっぱり好きな子多いんですね。育児でクタクタな時期は少しでも楽な方法に頼る、で、私は良いと思っています。

夜間も授乳ブラジャーは必要なのか

元々夜はノーブラ派だったのでノーブラで寝たいところなのですが、授乳していない時も母乳がにじみ出てくるので、何よりも母乳パッド(生理用品のおっぱい版みたいなもの)をあてるためにブラは必要です。これも産んでみるまでわからなかった。

リラックスしてつけられるナイトブラとして、夜だけのためでも買う価値あると思います。

後ろホックが4段もあるのも重要なポイント!妊娠中は一番ゆるくしていました。XLの4段ほくはユニクロのブラトップXLより断然楽でした。

とにかく安いので、どれを買おうか迷ったら是非試してみてください。楽天やヤフーショッピングでも手に入りますが、アカチャンホンポ本店(オムニ7)セブンイレブン受け取りにすると全品送料無料で手に入ります。

【2016.8.19追記】アカチャンホンポの楽天&Yahoo!店はどちらも閉店するそうです

アカチャンホンポの楽天店&ヤフーショッピング店は8/25に閉店となるそうです。楽天の買いまわり企画の時によく利用していたのでショックです…

アカチャンホンポのオリジナル商品と言えば水99%のおしりふきも大ファンで、ずっと愛用している私。

ネット通販がやっぱり便利なので、これからはアカチャンホンポ本店(オムニ7)のお世話になります。

【2016.10.20追記】続編でこんな記事も書きました

マタニティインナーもユニクロで揃う!妊婦の体は「面」で支えると普通の服でも快適だよ
妊婦になり、子供が生まれ、また妊婦になり、どんどんユニクロ利用率が高くなっている私。 なぜって? ユニクロは安さと質のバランスが絶妙だと思うですよね。特に生地やパターン(形)、そしてデザインも...